蔵前工業会について


蔵前工業会は、東京工業大学の全学科・全専攻にわたる唯一の同窓会です。
前身校からを含む卒業生、教職員など、約6万人からなっています。
また、在学生も学生会員として活動に参加しています。

東京工業大学は、創立から130年を越える歴史をもつ、国立の理工系総合大学です。
研究分野は多岐にわたり、3学部23学科の大学と、6研究科45専攻の大学院、さらに研究所や研究院等で構成されています。
卒業生たちも、多くの分野で活躍を見せています。
それらをつなぎ、さらなる発展と貢献を目指すのが、蔵前工業会の目的です。

 

主な活動内容


蔵前工業会では、主に次のような事業を展開しています。

 

(1)科学技術の普及に寄与する事業

科学技術や工業の知識を広く普及させ、理解を得ていくことは、将来の研究者・技術者を育て、国を育むうえで、大変重要です。
本工業会では、東工大で培った経験などを活かし、科学技術・工業の発展を図る活動を行っています。
児童へ向けた「蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)」から、起業を目指す会員の支援まで、幅広い展開を見せています。

関連リンク

蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)
公開講座
蔵前技術士会
蔵前ベンチャー相談室

 

(2)母校を支援する事業

本工業会は、同窓会として、母校である東京工業大学や、その在学生たちの支援を行っています。
同窓生が得た貴重な経験を学生たちに伝える講演会や、募金活動、他大学との公開セミナーなど、未来に活躍するであろう若き後輩の応援を惜しみません。

関連リンク

蔵前ゼミ
募金活動への協力
一橋大学との合同移動講座

 

(3)会員相互の親睦を図る事業

前述のとおり、東工大の歴史は長く、また同窓生たちは非常に広い分野で活躍しています。彼らをつなぎ、会員相互の親睦を深める場となるのも、蔵前工業会の大きな目的のひとつです。
本ウェブサービスをはじめ、各支部での活動や、会誌の配布、各同窓会の開催支援などが、この事業に含まれます。

関連リンク

支部活動
蔵前ジャーナル
蔵前経営者懇話会
くれない工業会
若手会員の会